妖怪うぃき~現代にも現れる妖怪達~

妖怪……いるんですよ、現代にも。現代で起きた、妖怪達の目撃情報を紹介いたします。

放置しすぎて更新する気概も無いので、図鑑の方に統合し始めてます。過去の記事も一部図鑑へと移しているので、妖怪うぃき的妖怪図鑑の方へお越しくださいませ。

警告と住人失踪の関係性、妖怪と事件の無関係性

今日は早上がりで18時前には我がボロアパートに着きました。

いつものように一時停止無視して駐車場へ我が原付をイン。

すると、アパート前に警官が群がっている。しかも僕の行動を睨みつけている警官もいる。

げ、やばい。

しかしそれどころじゃなかったようで、僕はすぐに警官に聞き込みされる羽目に。

なんでも僕の隣の部屋の鍵が開いていて、さらに新聞も郵便受けに溜まっていることから、最悪のケースを想定しての捜査をしていたようです。

生まれて初めて、偉そうに隣人の特徴を他人に語りました。

「そうですね、多分年齢は30代……少し暗そうな方で……。えぇ、そうです、最近そういえば見てなかった。僕も少し心配してたんですけど(大嘘)、いかんせんあまり交流も無かったもので……。変な感じはしたか? ……まぁ、安いボロアパートですから、変なやつしかいませんよね(特におれ)」

更に僕は大家さんの番号を教えるなど、大活躍(だと思っていた)でした。

 

これは……事件だ! あるいは天狗隠しか!? 神隠しか!!?

 

なんだか厭な感じに興奮して、部屋で過ごすこと数十分……ノックの音。

「はい?」

「あ、度々すみません。どうやらお隣の方は普通に今も職場にいらしたようで。最近そういう事件が多いんで、まさかと思いましたが……良かったです。ご協力ありがとうございました」

ふぅ

ほんとよかった。いわくつき物件になるとこだったぜ。

全く、君たち警察官も大変だね、ご苦労ご苦労、じゃあまた!

……と、思っていたその時!

「――ところで、一時停止無視しましたよね? これは警告になりますから、免許証控えさせていただいてよろしいですか?」

 

( ゚д゚)

 

 

……

 

 

なにィィィィィぃぃぃッッッッッ!!!????

 

だってだって見逃してくれてたじゃんそんなのひどいよ捜査に協力もしたじゃん番号教えたじゃん特徴教えたじゃん妖怪の記事書いてるじゃん笑顔で対応してあげたじゃん妖怪図鑑とか頑張ってるじゃん何かあったら何でも聞いて下さいって言ってあげたじゃん僕の大事な時間割いてあげたじゃん!

 

そんなこんなで警告受けて免許証書き写されて原付のナンバーも控えられました。

ってか警告って何? ちょーうける。

 

それはそれ、これはこれ。

日本の未来は明るいです。ご苦労様でした!