妖怪うぃき~現代にも現れる妖怪達~

妖怪……いるんですよ、現代にも。現代で起きた、妖怪達の目撃情報を紹介いたします。

放置しすぎて更新する気概も無いので、図鑑の方に統合し始めてます。過去の記事も一部図鑑へと移しているので、妖怪うぃき的妖怪図鑑の方へお越しくださいませ。

恵方巻に便乗して妖怪ゴニョゴニョ

一体なんなんですかね!

全く、コンビニもファミレスもスーパーも、豆売るより儲かるからッて強引に便乗しちゃってさ! フン!

かくいう僕もバイトで恵方巻巻いてます。チキショー。

「いつから豆まきにとって代わりやがったんだよォラァァァァ!」

え……今書いてて気づきましたが、↑の方にはてなからのお知らせで「今週のブログのお題は節分です」って出てる。

そんなのあるのか。

まぁいいや。

 

それより、ムカツクんで恵方巻をググったら、

・大阪船場の旦那衆が節分の日に行っていた、遊女に巻きずしを「丸かぶり」させるお大尽遊び――wikiより

とか、

・元々の「丸かぶり」という言葉から商売繁盛家内安全を願うものではなかったとも言われる――同じく

 

とも書いてありました。m9。゚(゚^Д^゚)゚。プギャーッハハハハヒャヒャヒャヒャ

笑顔で一気食いして喉に詰まらせろ。

 

なんだか荒れてすみません。ついさっき、超頑張っていじくりまくった図鑑の方のカテゴリー欄がナゼカ他のサイドバーのモジュール巻き込んでクラッシュしまして、復旧させたら頭がこんなんです。

 

こんな時には、恵方巻じゃなくて馬でも丸かぶりしたいですよね!

f:id:youkaiwiki:20130201232845j:plain

塩の長司(しおのちょうじ)

 

塩の長司さんは、馬飼いの大旦那だったんですが、ある日死んだ馬を食べたらその味にハマってしまい、止められなくなっちゃったんです。

そしてある日、死んだ馬がいないからと自ら衰えた馬を殺して食べちゃったんです。

するとその日から腹の中で何かがのたうち回るような苦しみに襲われ、寝込み、最後は馬みたいな恰好で死んでしまいました。

 

……って、これは一体どういう教訓なんですかね;;

別に自分の飼ってる馬ならいいじゃん……って気もしちゃうんですが……。

ところがどっこい、ちゃんと『絵本百物語』の解説に、

「牛や馬は人を助けてくれるんだから、ちゃんといたわってやるべきなのだ」

のような事が書いてありました。

 

さて、ここで強引に話を巻き戻しまして――

つまり、ブームに便乗してわけわからん巻物を食べるより、普段醤油やら豆腐やら納豆やらでお世話になってる大豆さんへの感謝の気持ちを忘れず、いたわってやるべきなのです!

だから僕は! 豆まきします!!

あでも片付け大変なんでやっぱ食べるだけにしときます。

(恵方巻もしっかり予約してあるのはココダケノハナシ)