読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妖怪うぃき~現代にも現れる妖怪達~

妖怪……いるんですよ、現代にも。現代で起きた、妖怪達の目撃情報を紹介いたします。

放置しすぎて更新する気概も無いので、図鑑の方に統合し始めてます。過去の記事も一部図鑑へと移しているので、妖怪うぃき的妖怪図鑑の方へお越しくださいませ。

鳥山石燕の「古庫裏婆」Σ (´Д`ノ)ノ

全米がその美しさに泣き!
全英がその言葉に酔いしれ!
全仏が美の革命と賞賛した!
日本が世界に誇る超カリスマアイドル!
とりやまぁぁ……

燕子だぉヽ(o`Д´o)ノ


よ、飯食ったか?(´・ω・`)ノ
燕子は今日は勇気を出して一人で牛丼屋入ったょ( ●≧艸≦)
お腹が空いてると本当にどんなものでもおいしいょねぇ(-´∀`-)

だからって! 人は流石に食べないょぅ(´Д` )

f:id:youkaiwiki:20130125143652j:plain
古庫裏婆/こくりばば

石燕先生の妖怪で、なんとも悲しく、なんとも恐ろしいこんなお婆ちゃんの妖怪がいるんだけど知ってるかな?

石燕先生の解説文でわーー

僧の妻を梵嫂といへるよし、輟耕録に見えたり。ある山寺に七代以前の住持の愛せし梵嫂その寺の庫裏にすみゐて、壇越の米銭をかすめ、新死の屍の皮をはぎて餌食とせしとぞ。三途河の奪衣婆よりもおそろしおそろし。

つまりぃ、
あるお寺に、七代前の僧が激しく愛した奥さんが庫裏に住み着いちゃってて、お供えのものを食べちゃったり、死んだ人の皮を剥いで食べたりしてたんだょ(´皿`;)三途の川の奪衣婆より怖いぜぇぇ!


ってことだね♪(´ε` )

奪衣婆っていうのは、三途の川にいる怖いお婆ちゃんで、六文銭を持たずにやってきた死者の着物を穿いじゃうんだょ!しかももれなく奪衣翁っていうお爺ちゃんがセットでいて、奪衣婆が取った着物を翁が木に掛けるっていう連携プレーをするんだょ(||゚Д゚)


でもそんな奪衣婆よりもおそろしおそろし、って言われちゃうこの古庫裏婆はどんだけ怖かったんだろぅねぇ((((/*0*;)/


でも、先代が愛した奥さんだった、とも書いてあるから、なんだかドラマな予感もするんだけど……(/_\)


ああー燕子も庫裏に住み着きたくなるぐらいに激しく愛されたいわー(T∩T)


ふん!


どろどろりん(≧ヘ≦ )