妖怪うぃき~現代にも現れる妖怪達~

妖怪……いるんですよ、現代にも。現代で起きた、妖怪達の目撃情報を紹介いたします。

放置しすぎて更新する気概も無いので、図鑑の方に統合し始めてます。過去の記事も一部図鑑へと移しているので、妖怪うぃき的妖怪図鑑の方へお越しくださいませ。

鳥山石燕の「悶絶牛乳雑巾」(´・ω・|||)

くっさぁぁぁぁぁぁ(ノ`△´)ノ

 

やぁやぁ( ´・ω・)o燕子だょぅ☆

 

取り乱してごめんょぉ(´・д・`)朝からくっちゃい雑巾見つけちゃってさぁ(-ω-;)

 

お気に入りのスニーカー拭いたらドゲロ臭が付いちゃったよぉ(つд⊂)

 

そんなプチ不幸で思い出すのがぁ……

 

f:id:youkaiwiki:20121216094523j:plain

白溶裔(しろうねり)

 

鳥山石燕大先生の白溶裔だょね(ゝω・)

 

解説文にわぁ――

 

白うるりは徒然のならいなるよし。この白うねりはふるき布巾のばけたるものなれども、外にならいもやはべると、夢のうちにおもひぬ。

 

つまりぃ、

 

白うるり」っていうのが徒然草に出てくるだろ? これはアレをもちぃふにしてるんだZE☆ この白うねりは布巾が化けたものだ……という夢を見たんだZZzz…(-_-)

 

になるょね (・ω≦) 

 

この白うねりは、よく「ものすんごい悪臭」だとかっていう説明がされるんだけど、これは後に出たある作品のせいなんだょ☆だから元からめちゃクサ妖怪だったかは謎なんだょねぇ(´・ω・`;A)

 

石燕先生の「百器徒然袋」は、徒然草からアイデア貰ってる妖怪が多いことで有名なんだけど、この白うねりなんかはモロだょねヾ(´Д`;●)

ってか「徒然のならいなるよし」って書いちゃってるもんね(* ̄m ̄)o))

 

因みに徒然草に出てくる「白うるり」っていうのは、徒然草のお話の一つに出てくる言葉で、ある僧侶がある法師に付けた渾名だったんだょ。さらに、徒然草内でも、その僧侶が「白うるりって意味はよくわかんね」って書いてるんだ(*≧∀≦)

 

けどそれを雑巾の化けた龍みたいに描いたのが、我らが石燕先生なんだょヾ(●´▽`●)ノ彡☆

あと、溶裔っていうのは風になびく様のことで、うるりとうねりを石燕先生が言葉遊びで付けたんだと思われるょヽ(*`□´*)/

 

みんなも化けた雑巾に襲われないように、クチャイからってポイポイ捨てたらダメだからねヾ(`ω´*)ノ

 

でわでわ、ちょっと雑巾ぶん投げてくる(´∀`*)ノシ どろどろりん(。・ω・)σ ⌒*