読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妖怪うぃき~現代にも現れる妖怪達~

妖怪……いるんですよ、現代にも。現代で起きた、妖怪達の目撃情報を紹介いたします。

放置しすぎて更新する気概も無いので、図鑑の方に統合し始めてます。過去の記事も一部図鑑へと移しているので、妖怪うぃき的妖怪図鑑の方へお越しくださいませ。

意味不明妖怪ランキング!

色んな妖怪調べてますと、すんごくツッコミたくなるイミフで謎な妖怪をたまに発見します。

そこで今回、選りすぐりの意味不明妖怪のランキングを、僕の独断と偏見でもって愛と勇気と希望の名のもとにお送り致します。

ここに名前が挙がっちゃった妖怪の、存在意義だとかを知ってる方がいたらぜひ教えて下さいませ。

 

何位までにします?

ベスト3でいいですかね?

陰陽五行に則って5にした方がいいですか?

そうですね!

 

では第5位!

f:id:youkaiwiki:20121210192233j:plain

ぬっぺふほふ/ぬっぺっぽう/封

 

5位は言いづらいったらありゃしないぬっぺふほふちゃん。徳川家康の前にも現れ、みんなで捕まえようとしたけど逃げた、逃げ足もなかなかの肉塊です。

中国の「封」という妖怪との噂もあり、家康なんかもそう思っていたようですが、とにかく謎です。のっぺらぼうの元祖とも言われてますが、それもまたハッキリとしません。とりあえずぷにぷにしてそうなので突いてみたいです。

 

第4位!

f:id:youkaiwiki:20121210194137j:plain

魍魎(もうりょう)

 

ご存知魍魎さん。例えばこの石燕先生の絵のように、一つの資料だけを見ればなんとなーく「こんな妖怪か」とは思えるのですが、調べれば知ればる程複雑で意味不明になっていく妖怪です。京極先生ですら説明に苦心しておられましたので、素人な僕なんかに解るわけないのです。ただ、魍魎に限らず多くの妖怪はルーツを辿る程に頭がこんがらがってくるものです。だのに魍魎をここで挙げた理由は、魍魎という名前がなんとも妖しく、惹きつけるモノがあるからです。魍魎に魅せられ、どんどん魍魎の正体が知りたくなり、気付けば憑りつかれちゃってる……そんな怖いヤツです。

 

第3位!

 

f:id:youkaiwiki:20121210195212j:plain

有夜宇屋志(うやうやし)

 

第3位は有夜宇屋志! いやぁ~、うやうやしいっすなぁ。

それ以上に何も言えないこのうやうやしクン。解説とかもありません。逆に考えれば、これほど意味の解る妖怪もいないかも知れません。うやうやしい、そんだけ!

 

第2位!

f:id:youkaiwiki:20121210195753j:plain

あすこここ

 

さぁ、どんどん意味不明度が上がっていきますよぉ!

最初見た時、誤表記かと思いました。

正体不明。ただ色んな顔が浮かんでますね。名前はどういうことかと言いますと――

あすこ! 違う違う! ここ!! あ~、あすこだッ! いやいや、ここここ!!

って事みたいです。あすこにも、ここにも、ですね。

あれ? これってもしかして僕等人間のことかも知れませんね。とにかく謎です。

 

お待たせしました! 別に待ってなくてもお待たせしました!

意味不明妖怪ランキング、栄光の1位は――

 

CMの後で!

 

うざいですね。すみません。では第1位です。

f:id:youkaiwiki:20121210200524j:plain

為何歟(なんじゃか)

 

えっと……ん?

って感じの為何歟さん。

いや、もうほんとになんじゃかよく解りません。

とりあえず全身が描いてないのがなんじゃか腑に落ちません。

とりあえず手は人間の手じゃなさそうだし、尻尾も見えますから、タヌキかなんかじゃろか? とは想像できるのですが、解りません。

正直に申しますと、描いた人の悪意すら感じます。

でもwikiを見ると、これほどわけわからん妖怪も珍しいらしく、いつも話題に上るんだとか。なんじゃかなぁ。

 

 

そんなわけで意味不明妖怪ランキングでした。

もっと知識があればランキングも変わってきたのでしょうが、とりあえず今の僕ではこれが限界です。

意味不明に見えても、きっと深く掘り下げれば意味がある(と、信じたい)ので、あなたもぜひぜひわけわからん妖怪の事を自分なりに調べてみて下さいな。

妖怪史に残る世紀の発見をするのは、モニターの前のあなたかも知れないのです!