読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妖怪うぃき~現代にも現れる妖怪達~

妖怪……いるんですよ、現代にも。現代で起きた、妖怪達の目撃情報を紹介いたします。

放置しすぎて更新する気概も無いので、図鑑の方に統合し始めてます。過去の記事も一部図鑑へと移しているので、妖怪うぃき的妖怪図鑑の方へお越しくださいませ。

船幽霊さん間違ってます

f:id:youkaiwiki:20121109230558j:plain

船幽霊(ふなゆうれい)

 

タカナシ乳業を愛するタカシだぞ。

 

もう随分寒くなってきたな。気付けばもうあと一ヶ月ぐらいで来年じゃねぇかよ。俺は今年も、無数の魑魅魍魎共と一緒に年越しすることになりそうだわ。いーだろ。

 

ところでな、二週間ぐらい前なんだが、仕事に行く時、切ない妖怪目撃しちゃったんだよな。

舟幽霊って知ってるか? 大体は海とかで溺死した霊だとかって言われてるんだが、俺が舟幽霊見た場所がちょっと変わってて、小学校のプールだったんだよ。

だから出勤の時に見れたってわけ。

 

船幽霊は数人いて、全員おっさんだったな。

で、何をしてたかって言うと、必死にプールの水をタライみたいなので外に出してるんだわ。

俺は特に何かを考えるわけでもなく、ぼうっとフェンス越しに眺めてたんだ。

ってかさ、何してんだ?

すげぇ普通にそう思ったね。意味がわかんねぇよ。

そしたら、ふいに船幽霊の一人が俺に気付いたんだよ。一瞬俺もビビっちゃったな。

さらにその一人が他の仲間にも知らせる仕草してさ、全員が(たしか七人)俺の方見たんだよな。一応、船幽霊なんて名前付いてるし、なかなかの威圧感だったぞ。

さぁ、どうするんだ? って思ってたらな、船幽霊達、更に勢いよくプールの水をプールサイドに掻き出し始めたんだ。

しかもな、

「どや? 困るだろ? 怖いだろ?」

って言うかの如く、俺の方をニヤニヤチラチラ見てくるんだよな。

 

 ちょっと整理するぞ。

・船幽霊がプールの水出してる。

・そのプールのある学校と俺は何の関係もない。

・船幽霊にドヤ顔されてる。

・……どれだけ頑張って考えても俺が困る要素が無い。それがむしろ困る。

 

気付いたらちょっと遅刻しそうな時間になっちゃってたから、とりあえず急いで船幽霊達を鎮めてやることにしたんだよ。

「風邪ひきますよー」

俺だって好きでそんなこと言うんじゃないんだよ。

妖怪がそんな風に人間に言われちゃったらどうなるか、よくわかってるからな。

でも、流石に船幽霊達は色々間違い過ぎてたんだよ。仕方なかったんだ。

――案の定、船幽霊達は「えぇ……そんなこと言っちゃう?」って顔になって、静かに消えてったな。スマン。だが遅刻しそうだったんだ。

 

――後日、なんとなく気になって、その小学校に電話してみたんだよ。

もしや、と思ってさ。

そしたらなんと、その小学校のプールではな、過去に水難事故が……

 

一件も起きてないんだそうだ。めでたいよな。

 

これまたもしや、と思って、違う質問もしてみたんだよ。そしたらなんと、その小学校のあった場所は、かつて……

 

のどかな田園地帯だったそうだ。ノスタルジィだよな。

 

 

結論として、船幽霊は全く関係の無い場所にいきなり沸いて出たわけだ。

これは実は深刻な問題だぞ。

妖怪達は、自分達の沸くべき場所が最早無い、ってことだろ?

本来は特定の場所、地域。特定の言葉、音。それらと連動して沸いて出てた筈の妖怪が、沸く場所がなくなったんで暴走しちゃってるんだよな。

よく考えたら俺が見てきた妖怪の中にもそういうヤツが多いんだよ。

 

何が言いたいかって?

現代の百鬼夜行、始まるぞおい。