妖怪うぃき~現代にも現れる妖怪達~

妖怪……いるんですよ、現代にも。現代で起きた、妖怪達の目撃情報を紹介いたします。

放置しすぎて更新する気概も無いので、図鑑の方に統合し始めてます。過去の記事も一部図鑑へと移しているので、妖怪うぃき的妖怪図鑑の方へお越しくださいませ。

平成狸合戦ちんぽこ

さっき頑張って少しはマジメな記事書いたのに、今さっきスーパーに行こうと部屋を出たらタヌキに遭遇したせいでこのザマです。

以前も書いた、僕の住処の真裏の謎の施設。そこにタヌさんいらっしゃいまして、今日は随分近いとこに(それでも鉄柵越しですが)長いこと見つめ合う時間を頂きました。

なんというか、かわいいですね。

ネコとは違い、顔が横にデカイのですぐに解りました。

せっかくの機会ですから、日ごろ妖怪の記事書かせて頂いていることを感謝し、さらに「化けて出ないでね」とお願いしておきました。

スマホでとりゃ良かったんですが、暗かったし、フラッシュ焚いて驚かせたくなかったのですみませんありません。

で、なんだかその嬉しさの勢いでこの記事を書き始めたのですが――

酷いタイトルが浮かんだだけで、中身がありません。まさにタネ抜きタヌキ蕎麦な記事。しかも、まさかと思い検索したら同じタイトルでブログ書いてたりする人もいた。まぁそりゃ当然使いたくなるネーミングなわけですが。

せっかく眠い目を擦り書き始めたので、ぼやきらしくぼやきます。

 

謎のコメントについて

 

少し前に、「1」について書いた妖怪天井下りの記事がありましたが、あれに「たこちゃん」なる謎の方からのコメントがありました。

内容が変わっていて、ポケモン言えるかな、の歌詞だと思われるものを書いてあるだけ。しかしこれが僕的に大いにツボりまして、おもしれーなと思ったわけです。何しろ、全く関係無いポケモンの名前ですからねw

心優しいジェントルメンな僕は、わざわざ歌詞の続きを調べ、コメントを返したわけです。すると、狙ってなのか、次の一節はイシツブテで終わるんですね。これはまさか「1」の記事だけに「イチツブテ」にしろってことか? と察しまして、そのように期待に応えて書いたんです。

――そしてつい最近、ふと思い出しましてそのことを恋人に話しました。おもしれー人がいたんだよぉ、みたいに。すると、「あれ、私」と言われたのです。

驚くと同時に、なるほど、類は友を云々ってやつか、と妙に納得しちゃいました。

 

見えないから怖い

 

と、思います。色んなことに通ずる気もします。

この前、落ちてたビニールがちょっと目を離したら何かに持っていかれ、茂みの中でガサガサと音がしてました。ネコかタヌキか解りませんが、最後まで姿が確認できず、それ故にスゴク不気味でした。それだけ。

 

ツイッターやめました♪

 

なんかタイムラインを毎日チェックするのに疲れ、一か月前ぐらいから全く見なくなりました。僕が有益な情報を集めていなかっただけかも知れませんが、とりあえずツイッターを止めた影響は皆無です。

 

ちんぽこ案

 

実は、この記事はタヌキと僕の妄想トークにしてやろう計画もあったんですが、結構書いた末にアホ草過ぎてやめました。

途中、カセイホーケーを狸が「この火星人野郎」と指摘して、僕が「細〇占いでは水星人だもん」と言い返すクダリだけは自分でニヤニヤできたんですが、ちんぽこ連発し過ぎで削除されたりしたら情けないので自重しました。

大体の記事はワンアイデアのみで書き始めるんですが(ぼやき以外の話)、やっぱりプロット的なのは簡単にでもいいからないとツライですよね。この記事なんかいい例。あと、どうしてもほぼ毎日書いてると推敲する時間が取れないので、変なとこ多いよなぁ、なんて読み返すと思っちゃったり。じゃあブログサービスで書かなきゃいいのに――は言わない約束。

 

もうギブおやすみタヌキさん。でも赤いキツネ派ですごめんなさい。