読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妖怪うぃき~現代にも現れる妖怪達~

妖怪……いるんですよ、現代にも。現代で起きた、妖怪達の目撃情報を紹介いたします。

放置しすぎて更新する気概も無いので、図鑑の方に統合し始めてます。過去の記事も一部図鑑へと移しているので、妖怪うぃき的妖怪図鑑の方へお越しくださいませ。

妖怪って本当にいるの?

またまた里中の頼みを聞き、書かせて頂きます。妖怪を否定する者という肩書きをいただいているカサヤマです。

 里中君は随分と様々な妖怪を実際に見ているようですが、私には一向に見えません。見えないモノは信じる事が出来ない性分ですから、私は変わらず私なりの持論を展開していくつもりです。

 

話は変わりまして、よく聞く妖怪への質問に、「妖怪って本当にいるの?」というものがあります。今日はこの質問に真面目に答えてみたいと思います。

 

実はこの質問自体が若干的外れだと言えます。理由は簡単で、元々「妖怪」という言葉は「存在」を指す言葉ではなく、「現象」を指すものだったからです。

それは当時では解明できないような病気であったり、現象であったりを指していて、「もののけ」という言葉も生まれました。

f:id:youkaiwiki:20121119093418j:plain

物の怪

 

そもそも「もの」とは、古くは鬼や悪霊を指した言葉であり、それの起こす祟りや病気等を「怪」、つまり「物の怪」と呼んでいたわけです。

ではそれら妖怪の原型がいつ「存在」めいたものを指すようになったのか?

これらの「キャラクター化」が最も盛んに行われたのが江戸時代です。

これもまた現代と違わず、妖怪をキャラクター化し、絵にすることが流行ったのです。現代社会でもこういった流行りによるキャラクター化等は度々起きていますよね? それと同じなのです。

そして江戸時代では黄表紙と言われる現在の雑誌のような物を中心に、様々な妖怪がキャラクター化され、絵にされ、そして人々の心に「存在」として定着していきました。

 

――しかし、そのようにキャラクター化していくにつれて、元の妖怪の持つ「戒め」であったり、「病気」を指していた意味自体が変わり、薄れていくことになります。

特に現代に至っては尚更で、表現の規制や誤った解釈により増々元の妖怪からはかけはなれたイメージで語られてしまているのです。

 

そのような意味から言えば、「妖怪はいない(或いはいなくなってしまった)」と言えるのではないでしょうか?

ただ、妖怪は日本文化と共に生まれ、育ってきました。そう考えると、今もまだ、現代で少しずつ違った解釈をされながらも、「進化していっている」とも言えるかも知れません。

 

 

「妖怪はいない。けれども、いる」

 

妖怪に関してはこう言うのがベスト。今回のこの記事を読み、その意味が少しでも理解していただければ幸いです。

――今度里中に頼み込んで、妖怪のいる場所を案内してもらおうと思っています。もし私が実際にこの目で妖怪を見ることができたのなら、私の考え方や記事も変わって来るかもしれません。