妖怪うぃき~現代にも現れる妖怪達~

妖怪……いるんですよ、現代にも。現代で起きた、妖怪達の目撃情報を紹介いたします。

放置しすぎて更新する気概も無いので、図鑑の方に統合し始めてます。過去の記事も一部図鑑へと移しているので、妖怪うぃき的妖怪図鑑の方へお越しくださいませ。

台風の中を原付が行く

ぼやき記事連投です。風邪が病み上がりでいまいち頭が回らんのです。

それはいいとして、今日も朝から12時間しっかりバイトしてきまして、今さっき帰りました。当然台風さんが来てることはテレビの無い僕でも知ってましたから、朝にはしっかりとゴーグルとカッパを持って原付で通勤しました。

そしてさっき――

「いやいやいやこれは死ぬwww」

というすっさっまっじぃ風の中、僕は愛する原付に跨り帰路に着いたのです。

もう、何と言いますか、自然は凄いです。

常に「ビュオォォォォ」といった具合の風が吹いてまして、頻繁に左右様々な方角からドゴンッ! ドゴンッ! と台風暴風パンチが来る。原付(一種)の法定速度の30キロをここまで守って走ったのは久々です。

道には無数の木の枝やら看板やらゴミ箱のフタなんかが転がってますし、電線はブルンブルンうねってますし、街路の木々はみんなで揃ってウェーブしてます。

実に世紀末的不気味な光景。

そして黒い原付でぶいーんと走り抜ける僕は、サンダルに長い黒の雨合羽、顔には風邪と風対策でマスクをし、目にはアマゾンで買った無敵の激安ゴーグル(破損歴2回)、そしてヘルメットは妖怪「私実はアーティストかも」に憑かれた彼女が貼りまくったアメコミヒーローのステッカーで彩られ、世紀末を行く世紀末的妖しいファッションで決め込んでいるのです。

あーもう絶対ちょーかっこいいわー

 

因みに、パトロール中と思われる警官二人に信号待ちの際すんごく怪しいモノを見るような目で見られました。今日ばかりはイタシカタアルマイ。ご苦労様!

 

今までの原付帰宅歴で言いますと、台風はかなり危険ランク高いです。

雨の日は、とりあえず視界が悪くなるのと目に雨が入って見えなくなるのでゴーグル必須。あとマンホールスリップ攻撃にも要注意。

雪の日は、速度に比例して事故率上がるのでとにかくゆっくり。

台風の日は、雨の日の視界不良+スリップ注意+暴風による転倒、さらに極めつけが不意打ちの飛び道具。これはもう凶悪です。運次第です。

 

そういえば今日の僕の原付、エンジン音がかなり辛そうでした。

大きい道路とかで車に負けないように速度を出すと、しょぼい僕の原付は「イヤーーーーーン」みたいな苦しそうな音を出すんですが、今日は低速でもずっと「イヤーーーン」でした。そろそろまたバイク屋に行かなきゃ。

いつも悪天候を平気で走らせちゃってごめんね、原付ちゃん。