読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妖怪うぃき~現代にも現れる妖怪達~

妖怪……いるんですよ、現代にも。現代で起きた、妖怪達の目撃情報を紹介いたします。

放置しすぎて更新する気概も無いので、図鑑の方に統合し始めてます。過去の記事も一部図鑑へと移しているので、妖怪うぃき的妖怪図鑑の方へお越しくださいませ。

おれに後光が射した「金霊」

f:id:youkaiwiki:20120921232133j:plain

金霊(かねだま)

 

残念だったな。タカシだぞ。

 

何度も書いてるけど、とにかく俺には沢山の妖怪が憑いてるわけだけど、前から気になってることがあったんだ。

鏡とかで見るとな、俺の背後にぶぁあっぁぁって妖怪が群がってて、さながら千手観音なわけだけど、キラキラと黄金色に輝くオーラみたいのまであるんだよ。これがなかなか綺麗でな、魑魅魍魎のくせにそのオーラのせいで七福神でも宿ってるかのようなんだよな。

 

ぶっちゃけな、それはただのエフェクト? みたいなもんだと思ってたわけ。妖怪が憑きすぎて、変な光出てるだけ――ってな。けどこの前ウサンクサイ霊媒師に言われちゃったんだよな。「それ、妖怪ですよ」って。

色々思い返してみたら、心当たりが一つだけあったんだ。

高校行ってた時に、すんげぇボロイ一軒家(まぁ貧乏で有名な同級生の家だったんだけど)に金色の光が空から降り注いでて、キラキラした何かがいっぱい入ってくのを見たことがあったんだよ。そん時の俺は「うぉぉぉすげぇぇぇぇぇぇ!!」ってなって、その金色の光に向かって走って行って、光が入り込んでたそのボロ一軒家の玄関の前に立ち塞がって光浴びまくったんだよな。

 

――どうやら、あの時のことがまずかったらしい。

そういえばそれから、その家に住んでた同級生はことさら貧乏になって、弁当なんかおにぎり一個とかになってたし、両親にも何かあったらしくってよく学校休むようになっちゃったんだ。けど俺は笑っちゃうぐらい羽振り良くなったんだよ。万札もよく拾ったし、母ちゃんが宝くじ当てたとかで家の飯はやけに豪華になってたし。

つまり何が起こったかって言うと……

金霊っていう妖怪が、そのボロ家の同級生のとこに幸運を運んでた真っ最中、俺が横からかすめ取ったってことらしい。そんなつもりは毛頭なかったんだけどな。

まぁそのことは謝るとするよ。

けどな、なんで妖怪は俺に対して怒ってるんだ?

別に誰が幸運をもらったっていいじゃねぇか。

抽選の結果選ばれたお家に行くはずが悪しきクソガキに奪われた――とかって理由で怒ってたりすんのかね?

なんつーか、妖怪も度量が狭いよなぁ。

ところで、この金霊って妖怪――キンタマじゃねぇぞ――は、ガチな目撃例も多いみたいなんだよな。なんかコイツに憑りつかれてからめっきり金回りが悪くなったから、もう一回金霊強奪作戦でもしてやっかね。

誰か見かけたら一報くれな。

メアド? 晒さねぇよドアホ。念力で送ってこい。

 

……あ、いや、反省もしてますよ。すみませんキンタ……じゃなくて金霊さん。