妖怪うぃき~現代にも現れる妖怪達~

妖怪……いるんですよ、現代にも。現代で起きた、妖怪達の目撃情報を紹介いたします。

放置しすぎて更新する気概も無いので、図鑑の方に統合し始めてます。過去の記事も一部図鑑へと移しているので、妖怪うぃき的妖怪図鑑の方へお越しくださいませ。

ぬらりひょんを踏みつけて海に帰した

f:id:youkaiwiki:20120903094218j:plain

ぬらりひょん

 

タカシだぞ。

あのな、お前らぬらりひょんって妖怪聞いたことあるだろ? ただやけにぬらりひょんのこと勘違いしてるやつが多いから、実際にぬらりひょんにも憑りつかれてる俺がちゃんと教えてやるよ。

ていうかだな、最初の懺悔の時に書いたように、有名で認知されてる妖怪って憑いたりしにくいはずなんだが、それなのにぬらりの野郎が消えないのはみんなが違うイメージで認知しちゃってるからだと思うんだよ。ぬらりひょん本人も、「あ、それ俺じゃねぇや」ってなってるから消えてくんないんだよ。タブンな。

まず、ぬらりひょんって妖怪の総大将だとかって言ってるやついるけど、それってどこの情報なんだ? 

俺はな、何回も海でぬらりひょんの野郎に遭って、その度に頭踏みつけて海中に沈めてやってるぞ。俺の感想では、むしろ海に住む下っ端の妖怪……ってイメージなんだけどな。

名前もぬらりひょんだろ? ぬらりと逃げてひょんと浮き上がるからぬらりひょんって名前なんだぜ。ちなみに踏みつけた時の感触は、クラゲみたいにブヨブヨで気持ち悪かったな。よくクラゲとかタコとかと間違えられるらしいから、俺の感想はガチだと思うぞ。

 目的はなんなんだろうな。ヒマなのかな。とにかく、白昼堂々普通に海に出てくるから気を付けろよ(不気味って意味だけで)。もし俺みたいに妖怪とか見えちゃう人でぬらりひょんを未見な人はたぶん最初すげぇビビルと思う。顔がまぁ気持ちわりぃんだわ。↑の「百怪図巻」のぬらりひょんの絵はかなり本物に近いぞ。ただ服は着てたっけな? いっつも海面に顔出すぐらいだから、そういやぁ全身を見たこと無いかもしれん。

顔はほぼ一緒。なんだかスケベそうなたれ目でこっち見てくるんだよ。まさか妖怪にまで「こっち見んなwww」って言いたくなるとは思わなかったよ。

害とかは特に無いぞ。

踏みつけたって足が痒くなったりもしないし、呪いとかも多分無いし、むしろクラゲなんかより無害だわ。まぁ、憑りつかれちゃった俺が無害っていっても説得力無いだろうけどな。

毎年海水浴行く度に出やがるから、今では「海に帰れぇぇ!」って気合い入れて踏んでやってるよ。それでもニヤニヤしてんだぜ? ドМにも程があるよな。

 

――っていうかそもそも何で俺はぬらりひょんに憑かれてんのかね。マジで心当たり無いんだよな。踏んだけど。

特にぬらが嫌がるようなことはしてないと思うんだけどなぁ。踏んだけど。