妖怪うぃき~現代にも現れる妖怪達~

妖怪……いるんですよ、現代にも。現代で起きた、妖怪達の目撃情報を紹介いたします。

放置しすぎて更新する気概も無いので、図鑑の方に統合し始めてます。過去の記事も一部図鑑へと移しているので、妖怪うぃき的妖怪図鑑の方へお越しくださいませ。

妖怪という便利な言葉にあやかって

このブログを始めてからというもの、なんだか肩こりが激しくなり、「何かに憑かれたのでは?」なんて真剣にビビっている僕ですこんばんわ。

恋人には「疲れてるだけでしょ」なんて言われますが、僕の脳内ではしっかりと「憑かれてるだけでしょ」に変換されてますありがとうございます。

 

さて。

僕には、「なぜこの現象が妖怪化されていないのだろう?」と思うことが日常生活でいくつかあります。絵心さえあれば自分で勝手に妖怪にしちゃうんですが、いかんせん空間認識能力だの場の空気認識能力だのが激しく欠如している僕には到底不可能なのです。だから誰か絵がうまい人描いて下さい。

出ました。妖怪「他力本願寺顕如」。この妖怪は実にしぶとい存在でして、かつてあの第六天魔王織田信長をも手こずらせた云々……。

いや、今の文章の云々の部分は南無南無とかにしたほうが面白かったですね。後悔ばかりな人生です。本願寺顕如を知らない方はググってください。

はいまた出た妖怪「ggrks(ググれカス)」。

この妖怪はネット社会が産んだサイバーな妖怪でして、姿はおろか存在すらはっきりと解っていないレアな妖怪ですね。もしあなたがネット上でどうしてもYahoo!ではなくグーグルで検索したい衝動に駆られていたのなら、それはもしかしたらggrksの仕業かも知れませんね。怖い怖い。

 

――とまぁここまでやりたい放題しすぎると面白くありませんね。なんでもアリ過ぎはツマランのです。それこそ、妖怪「鼻ほじったティッシュの中身確認したくなぁる狐」とかも出てきちゃって、女子諸君に「男子マヂサイテー」なんて言われてせっかく果たした高校デビューもわけわからん妖怪の話をしたせいで棒に振ってしまう……なんていう悲劇が起こらないとも限りません。起こりませんが。

一定の不気味さと、説得力と、妖怪っぽいニオイは必須でしょう。

 

そこで僕が声を大にして「これは妖怪の仕業だろ!」と言いたいのが、家を出る時にどうしても鍵だの火の元だのが気になっちゃうアノ現象です。

あれは妖怪でしょ?

やけに気になるし、ソワソワするし。

名前もそれっぽく、妖怪「残り火」とかにしちゃってさぁ!

怖いね!

 

……さてさて。またまた新たな妖怪です。

「急にスイミング睡魔ー」が僕を襲ってます。

こいつはまるで遠泳した直後のような猛烈な疲労感と眠気を突然僕にぶつけてくるやっかいな妖怪です。まぁ遠泳なんてしたことないんですが。

しかしアレです。我ながら最低なネーミングの妖怪です。

漢字の後に棒線入れて伸ばすとかwwww

そうなのです。やっぱりどうしたって、僕は少し「憑かれている」のです。