妖怪うぃき~現代にも現れる妖怪達~

妖怪……いるんですよ、現代にも。現代で起きた、妖怪達の目撃情報を紹介いたします。

放置しすぎて更新する気概も無いので、図鑑の方に統合し始めてます。過去の記事も一部図鑑へと移しているので、妖怪うぃき的妖怪図鑑の方へお越しくださいませ。

桂男イケメン過ぎなんですけどぉ(*´∀`*)

f:id:youkaiwiki:20120807222244j:plain

桂男(かつらおとこ)

 

私ゎずっと彼氏がいなかったの(´;ω;`)

中学ン時からだょ?

まぢありえなぁいヽ(`Д´)ノ

神様のバカアホドッヂだんぺい!

ありゃりゃ(;´∀`)世代ばれちゃうかなぁ(; ・`д・´)

 

でもねでもね、遂に私にも王子様が現れたのっ! 

私ね、「理想の彼氏が私のヴァージン早く奪ってぶち抜いてくれますよぅにぃ」ってお月様にお願いしたんだぁ(ёωё☆

そしたらキタコレナニコレ~~~・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!!

次の日の夜にね、私のベッドの横にちょ~~~~イケメンが立ってたの(*´Д`)

向井理? (゚Д゚)ハァ? リアル月とスッポンポンだからwwww

そのクッソイケメンね、自分のことちゃんと「妖怪なんだ」って恥ずかしそうに言ったんだよぉ! うっわ正直過ぎ濡れたぁ(:.;゚;Д;゚;.:)

カツラオトコっていう名前みたい……だっさε-(ーдー)

けど顔イケメン過ぎるから全然いいのぉぉぉぉ(∩´∀`)∩

カツラオト……じゃなくてカツラ君、逢えが逢うほど私の寿命が縮むんだって!

キイテナインデスケド……'`,、('∀`) '`,、

でもね、考えてみて?

このまま死ぬまで一人でさみちく生きるのとぉ、月から来たスーパーハイパーアルティメッツなイケメソに毎晩逢って寿命を削るの、どっちがいいと思う?

 

イケメンに逢う方がいいに決まってンだろぅ(#゚Д゚)!

フェロモンドッパドパだぜぇぇぇ!!!

 

「抱いて」

 

一週間ぐらい毎晩お話して、私はついにその言葉を発したの(*´∀`)毎晩毎晩、ただお話するだけで、私はもう我慢できなかったの! カツラ君の口臭を必死にクンカクンカしたり、カツラ君が立ってた場所の床をペロペロしたりぃ……

あぁんッ! もう我慢できるわけないぢゃぁぁぁん(;`O´)o

カツラ君も絶対私のこと好きだったし、勝負パンツもパルコで買ったしぃ、線香……じゃなくて……なんていうの? アロマ? とにかくそういうのも焚いたしぃ

カツラ君、なんて言ったと思う?

「ごめん。僕、妖怪だから」

だって(`・д・´)

知ってるンデスケドぉ~。だから何? ついてないとでも言うの?

妖怪は人間を抱けないとでも? それとも彼女いるとか? どういうことか私わかんなぁ~い( ゚Д゚)

 

「妖怪でもいい。私、カツラ君に……初体験あげちゃう!」

「え……いや、でも……ムリなんだってば」

「なんで? 私のこと綺麗って言ったよね? 綺麗だから月から来てくれたって言ったよね?」

「え……言ったっけ? ただ太ってて生気吸ったら捗るかなぁって思っただけなんだけど――」

「言ったモン! 私がキレイ過ぎて、思わず月から来ちゃったって言ったモン!」

「……あ、うん」

「ほら! ウソツキ! バカバカバカ! カツラ君のバカ!」

「ごめんよ……」

「やだ! 絶対に許さない! ……抱いてくれるまで、許さないんだから……」

そんな会話してたら、カツラ君、そわそわしだしたんだぁカワ(・∀・)イイ!!

イケメンでも女を抱くには緊張しちゃうんだね☆キュンッ(*ё_ё*)

 

……と思ってたらね。カツラ君、帰るとか言い出したの。

月に忘れ物したから帰らなきゃいけない、って。

 

ウソ。

バレバレ。

逃がすもんか。

そんなに私を抱くのが嫌なのかよおい?

女一人抱けないで何が妖怪だよ。

妖怪なら妖怪らしく私を満足させてみせろよ。あぁ?

 

私はカツラ君の足に飛びついて、思いっきり横に倒してあげたの(ノ><。)ノ))...

カツラ君、ウッ、とか言って後頭部打ってたw キャ~ワイイ(;゚∀゚)=3

それでね、苦しそうだったから「暑いのかなぁ?」って思って、服を脱がせてあげたの☆でも激しく抵抗するカワイイカツラ君だから、首を思いっきり絞めてあげて。

カツラ君の顔がどんどん苦しそうになって、それを見てた私もドンドン興奮してきてぇ……

そしたらカツラ君、消えちゃった。

フッ、って。何も無かったみたいに。

 

 

ねぇカツラくぅぅんん(∀`*ゞ)私のこと好きなんでしょ?

あの日からも毎晩毎晩、月を見てあなたを想ってるんだァ(///∇//)

おねがいだからもう一度、私の前に現れてくれないかな?

ねぇ……

おい……

聞こえてんだろ?