妖怪うぃき~現代にも現れる妖怪達~

妖怪……いるんですよ、現代にも。現代で起きた、妖怪達の目撃情報を紹介いたします。

放置しすぎて更新する気概も無いので、図鑑の方に統合し始めてます。過去の記事も一部図鑑へと移しているので、妖怪うぃき的妖怪図鑑の方へお越しくださいませ。

赤子は「WAになって踊る」のか?

f:id:youkaiwiki:20120804092337j:plain

赤子

 

先月まで、私の家に「赤子」が発生していて、毎晩眠れぬ夜を過ごしました。

丁度先月は旦那が出張にて台湾へ行ってしまい、その間に起きた出来事です。

 

赤子とは、赤ん坊ではなく、妖怪の方の赤子です。調べてみたところ、意外と目撃情報が多く、妖怪の中でも比較的現実に現れやすい部類のようです。

どのような妖怪かというと、ただ無数に沸くように現れては、一晩中踊りまくるといったシンプルな悪戯好き妖怪ですが、だからといって「可愛い」等と思えるはずもなく、赤子の発生していた間の私の苛立ちは相当なものでした。

近所の不良グループの大声での雑談よりもたちが悪いです。

 

特に赤子発生のきっかけのようなものに心当たりはありません。

旦那が出張へ行った、確か二日後の夜からでした。

リビングの方で、まるでゴキブリが動いているかのような嫌な音がしたので、恐る恐る私が向かったところ、一人の赤い、小さな人間が、裸で踊っていたのです。すぐに通報しようと思ったのですが、携帯を取りに寝室へ戻り、もう一度リビングを覗いた時には数百人の赤子に増えていたのです。

それを見て、私は通報するのをやめました。この世のものではない、とわかったからです。

今でこそ冷静ですが、その時は気絶しそうな程に怖かったのを覚えています。ただ、赤ちゃんの見た目で良かった。あれがおじさんであったりしたら、私は首を吊っていたかも知れません。

 

その日から、私と赤子の闘いは始まりました。

毎晩毎晩、現れるのです。ただひたすらに踊る赤子。赤子という名の通り、真っ赤な体の赤ちゃん。毎晩見て、慣れてくる内に、私の心には怒りが芽生え始めました。

せっかく旦那もいない自由な日々。しかも一番大事な深夜のひと時(私と旦那は色々あって子供を作っていませんでした)。それを不気味な赤ん坊の踊りで邪魔される。不法侵入でもある。不法占拠でもある。

ある晩、私は赤子に塩を投げつけてみました。しかし赤子達は完全に無視。物理的作用が無いようでした。塩は赤子達には少しも当たらず、カーペットの上に散らばったので。

またある晩、今度は転ぶフリをして赤子の一人を払い飛ばそうとしてみました。しかし赤子達は華麗に避けた。滑稽な踊りを中断することなく、かろやかに避けたのです。

その時点で、現れる赤子の数は数千……いや、数えたわけではないのですが、とにかくリビングのカーペットが見えなくなるほどの物凄い数に膨れ上がっていました。当然、その赤子達の出す踊りのステップの音は、騒音で許容できないものになっていました。

 

私達夫婦に子供がいない(作らない)ことへの何らかの啓示なのか?

余程踊り心地のいい、クラブのようなものと勘違いされているのか?

このマンションのこの部屋は、いわくつきだったのではないか?

 

――と、様々な事を考えました。そしてある晩、一人でワインを飲んだ後、いつものように赤子が沸きだすのを感じた私は、吹っ切れたのです。

「逆に楽しく踊ってもらおう!」と。

 

実は私はジャニーズが大好きです。いくつかのグループのファンクラブ会員にもなっています。旦那には咎められますが、私の純粋な趣味ですのでやめる気はありません。子供を作りたくない理由も、少しこのことと関係しています。

それはいいとして――私は、赤子達も音楽を流してあげたらさぞ楽しく踊れるだろう、と思ったのです。いつも赤子達は無音で踊るので、BGM付きの方が燃えるに決まっているのです。

 

悩みに悩んだ結果、あの数の赤子ですから、仲良く手を取り合って踊れる曲を考えました。そして、我らがV6の、「WAになって踊ろう」を流してあげることにしました。

 

赤子の出現を見計らい、リビングにセットしたプレイヤーの電源をリモコンで操作。

私は赤子達の喜び狂う姿を想像しながら、スイッチを入れました。

曲が始まり、軽快なステップでノってくれるかと思いきや――赤子達は曲すらも無視していつも通りの滑稽な踊りを続けたのです。

は? ふざけんな

私が感じた正直な気持ちです。意地になった私は、WAになって踊ろうをループ再生に設定し、そのまま眠りにつきました。

 

そして赤子達は現れなくなりました。

きっと、ジャニーズの曲が衝撃的だったに違いありません。赤子達はすぐにV6を追っかけて行ったのでしょう。

妖怪にもジャニーズの素晴らしさを伝えられて、私は大変満足しています。