読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妖怪うぃき~現代にも現れる妖怪達~

妖怪……いるんですよ、現代にも。現代で起きた、妖怪達の目撃情報を紹介いたします。

放置しすぎて更新する気概も無いので、図鑑の方に統合し始めてます。過去の記事も一部図鑑へと移しているので、妖怪うぃき的妖怪図鑑の方へお越しくださいませ。

骨の髄まで愛してる

こんばんは里中です。 この季節になると、副業の妖怪相談所には雪が絡む妖怪の相談が多くなります。 やはり雪は、視界も悪くなる、しんと静まりかえる、寒さで頭も上手く働かなくなるーーなどの様々な要因から妖怪目撃が増えるのです。 ほとんどは見間違えな…

妖怪・塗壁の正体

塗壁(ぬりかべ) ーー目くらまし、とでも言いましょうか。もしこの世で説明をするんであれば、その言葉が一番しっくりくるような気がします。 僕がその体験をしたのは真昼間だったんですよ。 会社の非常階段で妻の手作り弁当を食べるのが日課だったんですけ…

お涙頂戴は不幸のしるし「夜泣き婆」

夜泣き婆(なきばばあ) ――やぁやぁ遠いところよく来たねぇ。里中さん、だっけか? まさかこんな老いぼれの下らん話を聞きに来る物好きがいるとはねぇ。 途中、でっけぇ工場は見たかい? あれはスズキの工場さ。自動車作ってんだ。この辺は他にもヤマハの工…

キツネとタヌキの千年合戦

こんにちは里中です。 今回は、僕が受ける相談や質問の中でも特に多い、「狸と狐」について、僕が分かる範囲でお答えしていきます。最後までお読みいただければ、あなたの狸と狐に対する見方も変わってくるかも知れません。なお、記事は解り易いようにQ&A方…

華厳の滝にも滝霊王がいる

滝霊王(たきれいおう) 里中です。 数年前に日光へ心霊現象やある妖怪の取材で行った際、華厳の滝での妖怪の話を場末の露天商を営むおじいさんから聞いたので紹介いたします。僕の勝手なイメージでの華厳の滝への誤った解釈も、このおじいさんに教えられて…

河童の伝承 ~河童の謎その弐~

河童 里中です。 前回の河童特集に引き続き2回目の河童記事です。 今回は河童という妖怪がここまで広がった(有名になった)理由について考えてみたいと思います。 まず、河童の伝承には大きく分けて二種類の伝承があるように僕は思います。 一つ目が、「河…

超有名妖怪・河童(かっぱ)の謎~その壱~

河童 里中です。 河童――。それは誰もが聞いたことがあり、また容易くイメージすることのできる最も有名な妖怪の一つ。河童のすごいところは、ほぼ全国で目撃例があり、伝承もあることです。近年での目撃例もかなり多く、ミイラ等も見つかっています(ほとん…

妖怪「ツツガムシ」は最も身近でどこにでもいる妖怪?

恙虫(つつがむし) 里中です。 ツツガムシ、というのをご存知でしょうか? このツツガムシは、興味深い解明のされ方をした妖怪でして、人間と妖怪とを現実において結びつけた好例ですので、ご紹介したいと思います。 ネタバレからしてしまうことにしましょ…

若いカップルが山地乳(妖怪)に謝罪させたいと相談してきました

山地乳(やまちち) 里中です。僕は妖怪や怪異のライターをする傍ら、こっそりと相談所のようなこともしています。それが元で新たに出会えた妖怪も数多くいますし、また正直なところ主要な収入源となってしまっているのもそっちなのです。 それはさておき――…

「小袖の手」で一考。見える妖怪、見えない妖怪とは?

小袖の手 フリーライター里中です。 ファッションには疎い僕ですが、古着屋やフリーマーケット等で買った服から手が出る……という恐ろしい話を聞いたのでご紹介いたします。 これは調べてみたところ、「小袖の手」と呼ばれる妖怪の仕業であるものと考えられま…

鎌鼬(かまいたち)は実在するのか?

鎌鼬(かまいたち) 里中です。 鎌鼬と呼ばれる妖怪は、最早科学的に証明されてしまったと言っても過言ではない、悲しい妖怪です。このカマイタチによる被害は、そのほとんどが雪国で起きます。症状は、「痛みは無いのだが気付いたら切り傷ができていた」と…

猿猴に遭ったら尻を隠せ

猿猴(えんこう) 猿猴って知ってますかね? 地元じゃ結構有名なんですよ。あ、高知です、地元は。 河童の一種だなんて言われてますが、見た目はほとんど猿です。だから猿猴っていう名前なんでしょうね。 これが結構怖いヤツでしてね。 川とか海とか……つまり…

滝にて人を喰らう牛鬼

牛鬼(ぎゅうき・うしおに) 初めまして。フリーで物書きをしている里中という者です。 今回は、僕が体験したものの中でも、なぜか公にできなかった、されなかったお話を紹介したいと思います。 実は……このような揉みけしや圧力のかかった話はいくつかあるの…