妖怪うぃき~現代にも現れる妖怪達~

妖怪……いるんですよ、現代にも。現代で起きた、妖怪達の目撃情報を紹介いたします。

放置しすぎて更新する気概も無いので、図鑑の方に統合し始めてます。過去の記事も一部図鑑へと移しているので、妖怪うぃき的妖怪図鑑の方へお越しくださいませ。

「おいらの妖怪勉強記」

妖怪退治の真のスペシャリスト

ずいぶん前に、妖怪イコール心これなり、と書いていた井上円了さんの事を書きました。その時点ではあまり円了さんへの知識が無かったのですが、実は妖怪史におけるとても重要な人物である事がようやくわかりました。すみません。 円了さんが行ったのが、なん…

四苦八苦の妖怪図鑑

妖怪図鑑の方、妖怪も50を超えてまぁぼちぼち形になってきました。しかしやればやるほど苦悶しまして。カテゴリー整理をもう少しちゃんとしたい、というのが一番デカイ悩みのタネでした。図鑑である以上、知りたい妖怪をささっと探したい、探して欲しい。だ…

水木しげる、はじめました

実は妖怪ブログなんてやっていながら、今まで頑なに水木しげる先生の作品をスルーしてきました。 理由は僕のひねくれた性格に由来していると自分では思っているンですが、なんとな~く、妖怪と言えば! な水木先生の作品から情報を得るのがシャクだったんで…

姑獲鳥と産女とうぶめ

うぶめ/姑獲鳥/産女 京極先生より妖怪に興味を持った方にはよく知られているであろう「姑獲鳥」。 僕も何度も姑獲鳥で記事を書こうと思ったのですが、やっぱりこれまたややこしい妖怪なのでスルーしてました。 しかしついに重い腰を上げ、姑獲鳥の謎を僕なり…

腹が減ったのでガキと妖怪の話でも

クソガキ道を行く僕です今晩は。 いきなりですが、ガキと言う言葉の由来をご存知でしょうか? 漢字にしたら餓鬼ですね。響きが痛快なんで、優しさを込めて僕はキッズをよく「クソガキ」と呼びます。 餓鬼という言葉は、ちゃんと辿れば仏教の、生前に強欲だっ…

化け狸と妖怪変化

どんな妖怪にも化けちゃえそうな狸さん。 ここらでちょいと化け狸について真剣に調べてみようかと思い立ちましたので、化け狸特集の項とさせていただきます。 ↑は鳥山石燕の描いた「狸」。実に愛らしいですね。 ところで、ムジナ、っていうのが何を指すかご…

妖怪うぃき訳「源頼光と四天王+αの酒呑童子討伐」

平安の頃。 大江山に悪名高い鬼がいた。その名も「酒呑童子」。酒呑童子は五十を超える鬼を従え、女を攫っては害すなどの悪行の限りを尽くしていた。 都を蹂躙され、我慢も限界に達した帝は、朝家の守護として信頼の厚かった源頼光に大江山酒呑童子討伐を命…

妖怪小豆洗いの気持ちになってお汁粉作った

ついに僕にもお正月が来ました。 とりあえず軽く大掃除をして、ふと妖怪小豆洗いの事を思い出しましたので、鏡開きも近いことですし小豆を煮てあんこ作ろうと思い立ちました。 僕は思い立ったらやらねば気が済まないタイプです。 というわけでジャーン! 小…

巳年ですから蛇の妖怪でもと思いまして

今年、2013年は巳年ですね。 まぁだからと言って干支で膨らませようにも知識不足でどうにもならんので、蛇にまつわる妖怪でも勉強して縁起良く行きましょう。もう6日ですが良しとしてくださいお願いします。 細かく言う干支では癸巳(みずのとみ)。 読んだ通…

河童にも解る「干支・十二支」

妖怪を調べてますと、どうしても干支が絡んでくる場合が多いです。 鬼のイメージは、鬼門の方角(丑寅)の、牛の角と虎のパンツ履いたイメージから出来た――とかね。時間に割り当てた十二支でも、丑の刻参りなんかがありますし。 んが、なんか難しそうで今ま…

意味不明妖怪ランキング!

色んな妖怪調べてますと、すんごくツッコミたくなるイミフで謎な妖怪をたまに発見します。 そこで今回、選りすぐりの意味不明妖怪のランキングを、僕の独断と偏見でもって愛と勇気と希望の名のもとにお送り致します。 ここに名前が挙がっちゃった妖怪の、存…

源頼光&四天王! まさに妖怪バスターズ!

またまた僕ですこんばんは。 未だ、書きたいのに書けていない妖怪の一つに、酒呑童子があります。 酒呑童子は三大悪妖怪の中にも入る、鬼の頭領とも言われている妖怪です。しかし酒呑童子を紹介するならば、どうしても避けて通れない面々がいます。 そう! …

百鬼夜行絵巻って面白いね!

どうも僕です。 散々色んなキャラクターで記事書いてきましたが、真面目に妖怪勉強するトコもあっていいかな、と思い書き始めた次第です。 さてさて、百鬼夜行って言葉、聞いたことありますよね? 深夜等に百の化け物が行列を成して跋扈する恐怖の行軍です。…