妖怪うぃき~現代にも現れる妖怪達~

妖怪……いるんですよ、現代にも。現代で起きた、妖怪達の目撃情報を紹介いたします。

放置しすぎて更新する気概も無いので、図鑑の方に統合し始めてます。過去の記事も一部図鑑へと移しているので、妖怪うぃき的妖怪図鑑の方へお越しくださいませ。

鳥山石燕の「ブゥワックショウノセイ!」

やぁやぁこんちわエン……エン……エン子ゥッシュブゥワ(;-з-)=゚。

いやぁー、花粉がツライねぇ(-ω-;)
花粉症じゃない人をこれほど羨ましく思う時期はないょネックショィ(>3<)三 ・:'。

燕子は昔、サラサラの鼻水に感動して、コップに溜めてみたことあるんだょ!
お母さんにひっぱたかれたんだけどね(T∀T;)

冬わ寒くてツライでしょう?
春は花粉症でツライでしょう?
夏は暑過ぎと虫でツライでしょう?
秋は食べ過ぎでツライでしょう?
じゃあ一体燕子はいつ花咲くのよぉ!!!( ̄ε ̄#)

ごほん。じゅるり。


そうそう、花粉とか、風が強い日に思い出すのはやっぱりこの妖怪!

f:id:youkaiwiki:20130310162503j:plain
『百器徒然袋』より「箒神」

箒の神様、箒神だね^_^
因みに一応読みは「ははきがみ」だけど、ホウキのことだからホウキガミで大丈夫(^ー゜)

箒なんて燕子は滅多に使わないけど(ダイソンのせい)、箒って実はなかなか歴史が凄いんだょ?
民間信仰上、魂を「掃き集め」て、さらに邪悪なモノを「掃き出す」ことごできるからね(≧∇≦)
実わ掃除、っていうのも、元々は「帚(そう)」っていう神聖なモノで邪を払い除くことから生まれた言葉で、お掃除っていうのはなかなか高尚な儀式なんだょ!
これからは掃除も進んでやるようにな……らなぃょねー(#^ω^)ックショィ!

更に、元の読みの「ははきがみ」でも解るように、母とも関係してて、安産祈願に使われたりもするんだょ∩^ω^∩
たかが箒、されど箒!
神聖な箒を持って、燕子も今から花粉を掃き出してくるょ(`・∀・´)

ッブショイ!!

あーちくしょー

諦めたら試合終了ですね!
花粉とだって燕子は戦います(*_*)でわでわどろどろりぃぃぃんップション`;:゙;`;・(゚ε゚ )

人気ブログランキングに妖怪カテゴリ

どうもこんにちは「へぇこいた」な僕です。

もう妖怪図鑑の更新ばっかしててこっちがかなり放置なので燕子ちゃんもお怒りなのですが、シコシコ更新した結果図鑑の方は妖怪数150近くになりまして、1ページごとの濃さはアレなんですが、とにかく段々と「知りたい妖怪がいるんだよなぁ」って訪れてくれた希少な方の役に少しは立ってるかも、なんて思ってます。

wikiには劣る、は禁句です。言っちゃダメです。お願いします言わないでください。

絵自体は昔の画家のを貼ってるだけなんで楽で助かってて

VIVA! EDOJIDAI! です。

 

ところで今こうして書いているのは、なんのことはないちょっとした嬉しいことがあったからです。

昔から、ブログをやったら必ず登録してきた人気ブログランキング。相変わらずちょっとデザインがダサいとこもお気に入りで、最低限のブログを見てもらう努力 、ということで毎回登録してたんです。一応有名、ですよね?

 

んで、図鑑の方を登録した時、要望欄に

「妖怪カテなんでないのぉぉ???作ってよぅ(T . T)」

みたいな事書いたんです。

そんなことすっかり忘れてたんですが、昨日突然人気ブryからメールが来まして、「へぇこいた様の要望通り妖怪カテゴリー新設しました」って書いてありました。

え……俺こいてねぇよ?

じゃなくて、

え……本当に作ってくれたのか!!

と、地味に感動しました。そして、へぇこいたなんていうふざけた名前が急に恥ずかしくなりました。玉袋筋太郎と同レベルじゃねーかよぉ! なんて。

妖怪幽霊妖精が一緒になったカテなので少し悲しいですが、妖怪だけで独立カテゴリにするには需要がなさすぎるんでしょうね。

早速図鑑の方をそのカテゴリに変えたんですが、当然まだ僕しかいませんでした。奇跡の一位独占独走です。

あー、ただわかってる人はわかってると思いますが、アクセス数とかには影響皆無ですよ。ビッグカテゴリじゃない限り、ランキング順位なんて自己満です。あるいは底辺のしょぼい争いです。何しろ普通に探すとしたら、「芸術」⇒「人文」⇒「妖怪」という風に辿って行かないと辿り着けない隠れ里的カテゴリですので。

でもとにかく嬉しかったので、しばらくはそのランキングを見て

「群れてる奴らは見苦しいぜ。俺は一人でいい。墓まで持って行けないものは持たない主義なんでな」

とか呟きながら楽しみます。

ブログも墓まで持っていけませんが。。。

しかし僕は死んでからも溝出(みぞいだし)みたく骨になって飛び出して踊り狂う予定なので覚悟なさい。(リンクとして図鑑使うと便利だと今やっと気づく)

f:id:youkaiwiki:20130214220856j:plain

 

妖怪退治の真のスペシャリスト

ずいぶん前に、妖怪イコール心これなり、と書いていた井上円了さんの事を書きました。その時点ではあまり円了さんへの知識が無かったのですが、実は妖怪史におけるとても重要な人物である事がようやくわかりました。すみません。

 
円了さんが行ったのが、なんと妖怪撲滅活動。しかしこれは単に妖怪をなくしてしまえ、という事ではなく、科学的な視点から妖怪を見る事で、それが本当に解明できない怪異なのかどうかを見極め、ある意味では真の妖怪探しにもなり得る事でした。
つまり、別に円了さんは妖怪が嫌いだったわけじゃなく、むしろ愛を持って、誤った認識で伝わる迷信としての妖怪を無くそうとしたわけです。
 
「あ、それただの勘違いです」
「あ、それ妖怪じゃないです。ただのゴミです」
「あ、それって人に見えちゃいます? 雪ですよ?」
「あ、それ……わざとですよね?」
 
円了さんこえぇ……。(↑勝手なイメージです)
 
ではでは、円了さんが行った妖怪撲滅活動の一環でもある、妖怪大整理を見てみましょう。
円了さんは、まず妖怪を二種類に分けました。
一つは、「実怪」。もう一つは、「虚怪」。
なんとなく漢字からもどういうことかは想像できます。実怪はマジな怪異。虚怪は作られた、あるいは見誤ったことによる怪異です。
さらにこの二つを細かく分けます。
実怪は、「真怪」と「仮怪」に。
虚怪は、「誤怪」と「偽怪」に。
これらを簡単に説明付きで纏めると――
 
 
実怪
真怪――科学ではどうにも解明できない妖怪・怪異。
仮怪――自然現象により起きる(起きた)と思われる妖怪・怪異。
 
虚怪
誤怪――誤認や精神状態の不安定さから見えてしまったような気になる妖怪・怪異。
偽怪――人の手により作られた(起こされた)妖怪・怪異。
 
と、なります。
 
さて。一般的に語られる「妖怪」が、概ねどの「怪」に属しているかわかるでしょうか?
それは、偽怪です。ほとんどは人によって作られたものなんです。
 
あんた! それ言ったら消されるよ!
 
……で、次に多いのが誤怪。見間違えが語り継がれちゃうことだって多いですモンね。ほんとに誤解です。
 
しかしここからの理論が凄い。円了さんはただの妖怪博士じゃなく、哲学者としても有名だったりしたようなので、これで話は終わりません。
 
今分類した内の、真怪にご注目。
つまり真怪とは超理的妖怪であり、宇宙の万物で妖怪でないものは無く、水も小石も火も水も妖怪である――のだそうです。
そして、真怪を研究し解明することは宇宙の謎を解き明かすのと同程度の大きな意味を持っている――のです。
まさか妖怪から宇宙の謎解明につながるとは思いませなんだ。
 
そう考えますと、妖怪のこと調べてる僕も実は宇宙の謎解きをしようとしているのと同義なのではないでしょうか?
これもまた誤解、ですね。